十一面観音菩薩立像(797)

販売価格(税抜):
95,238~285,714
関連カテゴリ:
写真家別 > 三好和義
オリジナルプリント > 三好和義

十一面観音菩薩立像(797)

平安前期。榧(かや)の一木造。金堂に安置される国宝の中尊像(伝釈迦如来像)の脇侍であったと考えられている。伏し目がちで頬がふくらんだ女性らしさが漂う。

※価格には送料、フレーム代が含まれます。
※サイズは標準的な印画紙のものですので、実際のサイズは写真家のトリミングによって異なる場合があります。


サイズ 販売価格(税抜) 数量
B 大四切(340×226mm) ¥95,238 カゴに入れる
C 半切(356×432mm) ¥190,476 カゴに入れる
F 全倍(600×900mm) ¥285,714 カゴに入れる

三好和義作品 フレーム写真

ご覧のフレームで額装し、お届けします。

フレーム全体

フレーム

三好和義のオリジナルプリント制作工程を紹介しています。

[写真家自らが選んだフレームを使用]

オリジナルプリントにつきましては、作品の魅力をより高めるため、写真家自らが自分の作品のイメージに合うフレームを選んでおります。そのため、各写真家により採用しているフレームが異なり、写真家によっては各作品ごとにフレームを変えている場合もございます。
(一部の商品を除きます)

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力