雪洞のエゾリュウキンカ(604)

販売価格(税抜):
66,667~114,286
関連カテゴリ:
写真家別 > 林明輝
オリジナルプリント > 林明輝

雪恫のエゾリュウキンカ

夕暮れの雪恫に咲くエゾリュウキンカ。
雪渓が残るのは山の奥深いところ。谷筋に夕陽が当たる時間はわずか。
7月中旬、雪渓が一気に溶けていく途中、谷の間に雪の橋ができる。このスノーブリッジと、中に咲いた花を同時に撮影できるチャンスは、一日のうちの数分。見事にとらえた一枚。

※価格には送料、フレーム代が含まれます。
※サイズは標準的な印画紙のものですので、実際のサイズは写真家のトリミングによって異なる場合があります。


サイズ 販売価格(税抜) 数量
B 大四切(279×356mm) ¥66,667 カゴに入れる
D 全紙(457×560mm) ¥114,286 カゴに入れる

林明輝:「大雪山」とは&撮影MAP

北海道中央部、石狩山地北西部に位置する2000m級の火山群を「大雪山」と呼ぶ。
山頂部はなだらかだが、冬には強風のために積雪のない「風衝地」と、積雪が20m以上にもなる「雪田」をつくる、別名「北極圏の飛び地」。
※下記リンクにカーソルをあわせると、位置が表示できます。また、クリックすると、その作品のページをご覧になれます。
map
map
map
map
map
map
map

[写真家自らが選んだフレームを使用]

オリジナルプリントにつきましては、作品の魅力をより高めるため、写真家自らが自分の作品のイメージに合うフレームを選んでおります。そのため、各写真家により採用しているフレームが異なり、写真家によっては各作品ごとにフレームを変えている場合もございます。
(一部の商品を除きます)

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力