日本を代表する写真家が撮った、オリジナルプリントが手に入る

インド ヒマラヤの女神 ナンダ・デヴィ(012)

販売価格(税抜):
300,000
関連カテゴリ:
写真家別 > 白川義員
オリジナルプリント > 白川義員

インド ヒマラヤの女神 ナンダ・デヴィ(Nanda Devi)

デリーから北へ約300km、ナンダ・デヴィ国立公園の中心に位置する標高7,816mの双耳峰。日の出直後に撮った東峰(手前)と西峰は、神々しいまでに美しい。ナンダ・デヴィとは現地の言葉で「祝福された女神」という意味である。
1988年、国立公園は世界遺産に指定された。ユキヒョウ、ヒマラヤグマなど貴重な高山地帯の動植物を守るため、1983年以降純粋な学術調査とエコツーリズムに限って、公園への立ち入りが認められている。

「いつかある日山で死んだら、古い山の友よ伝えてくれ」で始まる山の名曲『いつかある日』は、この山で消息を絶った登山家ロジェ・デュプラの作である(訳詞・深田久弥)。

白川義員先生は長期海外取材のため、商品のお届けはお時間がかかる場合がございます。

※プリント価格には送料を含みますが、フレーム代は別途白川義員が指定した特製フレーム(A)1万円(税別)、(B)2万円(税別)、(C)3万円(税別)からお選びいただきます。

サイズ 販売価格(税抜) 数量
(330×420mm) ¥300,000 カゴに入れる

EXHIBITION INFORMATION