日本を代表する写真家が撮った、オリジナルプリントが手に入る

浄瑠璃寺 吉祥天女像【重文】(縦)(322)

販売価格(税抜):
95,238~285,714
関連カテゴリ:
写真家別 > 三好和義
オリジナルプリント > 三好和義

浄瑠璃寺 吉祥天女像

浄瑠璃寺九体阿弥陀如来坐像の中央には厨子がある。その中に入っている秘仏が吉祥天女像だ(毎年正月、春、秋に特別公開。現在は5月20日まで公開中)。全長は約90cm、顔が手のひらに隠れるほどの大きさだ。
吉祥天女像は、土門拳も撮影しているが、ほぼ水平から撮影しており、厨子の天井はほとんど写っていない。この天井部分には、当時のものといわれる鮮やかな文様が描かれていたが、暗く、照明が許されない状況では撮影ができなかったと思われる。デジタルカメラでの長時間露光でようやく鮮明に写すことができた。

※価格には送料、フレーム代が含まれます。


サイズ 販売価格(税抜) 数量
B 大四切(340×226mm) ¥95,238 カゴに入れる
C 半切(356×432mm) ¥190,476 カゴに入れる
F 全倍(600×900mm) ¥285,714 カゴに入れる

三好和義作品 フレーム写真

ご覧のフレームで額装し、お届けします。

フレーム全体

三好和義のオリジナルプリント制作工程を紹介しています。