日本を代表する写真家が撮った、オリジナルプリントが手に入る

沖縄・小浜島 田中一村の世界(091)

販売価格(税抜):
47,619~285,714
関連カテゴリ:
写真家別 > 三好和義
オリジナルプリント > 三好和義

沖縄・小浜島 田中一村の世界

小浜島いえば、いまでは日本の楽園としてよく知られた離島だ。石垣島を中心とした日本南西端の島々から構成される「八重山列島」の一つと数えられるが、かつては宮古列島をも含め、先島諸島と呼ぶことが多かった。名前の通り、日本の、そして沖縄の最果てと思われていた地域だ。

三好和義が「田中一村の世界」を意識したという作品作りをしたのは、1970年代から先島に通っていたという三好ならではの、沖縄観ともいえるだろう。田中一村は、1956年50歳で奄美に移住、極貧のなかでを生涯奄美の美しさを描き続けた日本画家。最近とみに評価が高まっている。彼の描く奄美の植物たちの美しさと絵画ならではの遠近法を、三好は小浜島で逆光や露出、島と植物の距離感によって表現している。

※価格には送料、フレーム代が含まれます。


三好和義作品 フレーム写真

ご覧のフレームで額装し、お届けします。

フレーム全体

フレーム

三好和義のオリジナルプリント制作工程を紹介しています。


オリジナルプリントとは?

EXHIBITION INFORMATION